MENU

ホットクックのサイズはどれがいい?使い方に合った選び方を徹底解説!

ホットクックを買うときに悩むポイント「サイズをどれにすればいいのか?」

ホットクックには1.6L、2.4Lの2種類がメインでサイズ展開されていますが、

2〜3人家族の場合どちらのサイズを購入するか悩む方も多いようです。

うちは3人家族だけど1.6Lと2.4Lどっちを買えばいいの?

今回はホットクックを購入する前に抑えておきたい!

選び方のポイントをホットクック歴3年の筆者が徹底解説します。

目次

ホットクックのサイズは3種類

1人暮らしに便利な1.0L

1〜2人向けのサイズが1.0L

1人暮らしだけどホットクックを使って楽にご飯を作りたい!

という方におすすめなのがこのサイズ。

小型ですが無線LAN機能やかき混ぜ機能などホットクックに欲しい機能はついているモデルです。

ままぽ

既にホットクックを持っている人の副菜用に2台目としてもおすすめ。

2〜4人家族用1.6L

公式サイトでは2〜4人用の1.6L

2人世帯や子供が小さい家庭は1.6Lがピッタリ。

コンパクトなデザイン、サイズ感で使い勝手の良いモデルです。

2〜6人家族用2.4L

ホットクックの中で1番大きいのが2.4Lモデル。

ままぽ

我が家で使っているのは2.4Lサイズです!

公式では2〜6人用と記載があります。

4人家族以上であれば迷わずに2.4Lを選択するのがおすすめ!

ですが3人家族だとどちらにしようか悩んでしまいますよね。

2〜4人用の2.4Lと2〜4人用の1.6L振り幅が広すぎて決められない💦

ホットクックサイズ比較表

ホットクックのサイズの選び方

家族の人数

ホットクックは先述の通り家族の人数によってサイズ選びの目安があります。

サイズ選びの目安

単身世帯:1.0L

2人家族:1.6L

4人家族以上:2.4L

やっぱり3人家族ってどっちつかずでどうするか悩むよなぁ・・・

ままぽ

私も3人家族だけどホットクックの使い方によってサイズを決めたらいいと思うよ!

ホットクックの使い方

ホットクックで作った料理を夕食で食べるだけなのか?

翌日のお弁当にも入れるのか?によって3人家族のサイズ選びが変わります。

筆者は夕飯で作ったおかずを翌日のお弁当にも入れるため、

2.4Lを選びました。

ままぽ

ホットクック2.4Lいっぱいの量を夕飯で作って翌日のお弁当、在宅ワークのランチで食べてちょうどなくなるくらいです。

もしお弁当ではなく社食を食べる!とかランチは違うものを食べたい!

という場合は3人家族で2.4Lだと持て余してしまう可能性があります。

ただ、少なめに調理することも可能なので“大は小を兼ねる!“ということで

2.4Lを購入するのもアリ。

1.6Lと2.4Lの大きさは少し2.4Lの方が大きいですが、

調理できる分量を考えるとそこまで大きさの違いはありません。

ままぽ

個人的には将来家族が増えることも考えて3人家族なら2.4Lを選ぶのがおすすめです。

1.6Lがおすすめ
2.4Lがおすすめ
  • 結婚予定のある独身の方
  • 家族が増える予定のない2人家族
  • ホットクックで作った料理は夕飯でしか食べない3人家族
  • ホットクックで作った料理を夕飯〜翌日まで食べる3人家族
  • 4人家族以上
  • これから家族が増える予定の2〜3人家族

ホットクックのおすすめの買い方

1つ前のモデルを購入する

ホットクックは毎年少しずつモデルチェンジしていますが、

1年前の型落ちモデルであれば最新のものとほとんど遜色なく使えます。

参考
2020年モデルと2021年モデルは見た目がすっきりシンプルに変わったのが主な変更点で性能上は大きな変化はありませんでした。

旧モデルは家電量販店だと取扱中止が早いので、

ネットショップでの購入がおすすめです。

ままぽ

最新モデルの出始めだと旧モデルと1〜2万円くらい差があることが多いよ!

機能が大差ないなら旧モデルでも十分だね!

使い方に合ったサイズで快適なホットクックライフを!

ホットクックのサイズをどれにするか悩んだ時は、

家族構成や使い方、将来の家族構成を念頭に決めましょう。

一度購入したらなかなか買い替えるのは難しいお値段なので後悔のないように慎重に決めてくださいね!

ままぽ

DINKS夫婦でない限りは基本的には2.4Lがおすすめです。

2.4Lは少し高いな〜と思う場合は、

1年型落ちのモデルを購入することも視野に入れることで

ホットクックへの初期投資を抑えることができますよ!

生活に合ったサイズを購入して快適なホットクックライフを送ってくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

フルタイムで働きながら子育てに奮闘しているワーママ。知育時間を捻出するために時短ライフハックを色々お試ししています。

コメント

コメントする

目次
閉じる