MENU

英語力のない親でも大丈夫?ディズニー英語システム(DWE)を始める前に確認したいこと

ディズニー英語システム(DWE)を検討していると、

ペラペラ英語を話す小さい子を見てびっくりしますよね!

あの子英語あんなにペラペラだけど親が英語できるからできてるんだろうなぁ・・・

でも“親が英語できるから色々教えられるんじゃないの?“って思いますよね。

私も最初はそう思っていました。

でも、ディズニー英語システム(DWE)は英語ができない親でも大丈夫です!

現に筆者も主人も英語話せません、読めません、聞けませんの状態。

英検3級しか持っていません笑

英語力皆無の夫婦ですが、

ディズニー英語システム使い始めました。

今回は英語ができない親がディズニー英語システムを使ってみた感想をご紹介します!

目次

英語が話せない親でもDWEはできるのか?

親が英語を話すシーンはほとんどない

DWE(ディズニー英語システム)の基本は「かけ流し」です。

教材のDVDやCDを子どもに英語のシャワーとして浴びせまくる!

これが基本の使い方。

そのため親が英語で読んであげたり、説明してあげたりすることはありません。

説明するとすれば教材の使い方を“日本語で“教えてあげるくらい。

ままぽ

無理に親が正しくない発音の英語で話しかけることはしなくていいとアドバイザーさんに言われたので気張らずにやっています。

DWEは母国語方式を採用

ディズニー英語システムの最大の特長は「母国語方式」。日本人が日本語を覚えるように、英語の意味や文法を理解し、習得することができるプログラムです。

ワールドファミリー公式サイト

子どもが日本語を習得していくのと同じプロセスで英語を学ぼう!というのがDWEの特徴。

教材を使っていくだけで自然と英語が覚えられるようになっています!

アドバイザーさんには下手に親が英語を話そうとして、

変な文法や発音を聞かせるのではなくDWE教材に関しては教材の音だけを聞かせるように言われました。

DWE(ディズニー英語システム)を使う上で親が気をつけることは?

DWEを掛け流しする一手間を惜しまない

DWE(ディズニー英語システム)はとにかく掛け流しが大事!

良質な教材の英語シャワーを何時間浴びられるかが勝負。

家にいる間、車移動の時間、お風呂の時間など隙間時間も活用して掛け流しができる環境を整えましょう。

インプットは2,000時間以上必要だと言われています。毎日隙間時間を見つけてかけ流しを続けましょう。

筆者はフルタイム共働きなので平日の掛け流し時間がどうしても短くなりがち。

保育園送迎の車内、入浴中など隙間時間も活用して掛け流しするようにしています。

逆に言えば“掛け流しがめんどくさい“と思うと効果はかなり薄くなります。

DWEを子どもと一緒に楽しむ

掛け流しがんばりましょう!といってもただDVDやCDを流しているだけだと

子どもはすぐに飽きてしまいます。

自分に置き換えてみても誰かが一緒にやってくれた方が楽しいですよね!

一緒に歌を歌ったり、本をペンでタッチしたりしてあげましょう。

筆者の場合、一緒に英語を勉強し直すという心づもりで取り組んでいます笑

ままぽ

子ども向けの英語のアニメくらいであれば聞き取れるようになってきました!

アウトプットの機会を作ってあげる

DWE(ディズニー英語システム)を使ってお家で英語のインプットはできますが、

教材相手にアウトプット(話す、書く)するのはなかなか難しいですよね。

DWEには“テレフォンイングリッシュ“があるので週に1回、

ネイティブスピーカーと電話でお話ししたり一緒に歌を歌うことができます。

子どもの気分が乗らなくても毎週テレフォンイングリッシュに参加する根性が必要です。

息子もぐずる日もありますが、歌える日もあるので毎週参加しています。

ままぽ

テレフォンイングリッシュをするようになってから歌を聞いていなくても口ずさむようになってきたのでアウトプットの機会を作ることは大切なようです。

また、DWEには定期的にイベントがあるので近くでイベントが開催されているときは

たまに参加して“DWEの歌“をマンネリ化させないように心がけています。

イベントは47都道府県で随時開催しているのでいける!と思った会場で申し込みます。

少しでもパパとママが楽にアウトプットの機会を作れるといいですよね。

【実体験】英語力のない親がディズニー英語システム(DWE)を続けた結果

英語をある程度理解できている

息子は生後半年の頃からDWEをやっているので3年間続けています。

2歳半から英会話教室に通っているのですが、

1日目からネイティブの先生の指示「Clap your hands」とか「Clean up the chair」など、

特にジェスチャーとかなくても理解して1番に動けていてびっくりしました。

“あ。この子何言われてるかわかってるんだ“って衝撃を受けた思い出。

アルファベットが全部読める

DWE(ディズニー英語システム)以外であえてアルファベットを教えたりしていませんが、

3歳になる前には英語教室でABCを当てるゲームは全問正解していて驚きました。

DVDの映像を見ながらミッキーやミニーと歌っていただけだったので、

DWEの掛け流しで全部覚えたんだと思います。

DWEはフォニックスがないので今はフォニックスと合わせてABCに取り組んでいます。

受け答えができる

日本語に比べるとなんでも文章で答えられる!という感じではありませんが、

簡単な質問「What`s your name?」や「What do you like?」には簡単な文章で答えられています。

文章が作れないときは単語で答えているので“何を聞かれているのか?“は理解していそう。

英語で聞かれて英語で答えることに対して抵抗がないという感覚でいられるだけでも

英語ができない筆者からすると羨ましいです・・・笑

DWEを続けていることで英語に対する壁が無くなったというのが一番のメリットだと思っています。

DWE(ディズニー英語システム)は親の英語力がなくても大丈夫!

DWEが気になるけどパパもママも英語力がないから不安・・・

でもDWEなら母国語方式で掛け流しをメインで取り組む教材なので

親の英語力がなくても大丈夫!

掛け流しをマメにしてあげてアウトプットの機会を作ってあげればOKです!

子どもと“一緒に“DWEに取り組めるのであれば親の英語力はなくても効果は出ていきます。

ままぽ

かけ流しを徹底的に頑張って子どもと一緒にDWEで英語の勉強をするつもりで取り組んでいます。

筆者も英語ができませんが、息子は英語が大好き!理解もできているようなので

このままDWEに取り組んでいこうと思います。

英語力に自信がなくてDWEを始めるか悩んでいる方の参考になれば嬉しいです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

フルタイムで働きながら子育てに奮闘しているワーママ。知育時間を捻出するために時短ライフハックを色々お試ししています。

コメント

コメントする

目次
閉じる